リサイクルトナーを購入する際はメーカーに注目しよう

プリンター

リサイクル式トナーの特徴

リサイクル式トナーの値段

リサイクルトナーの大きな特徴の1つとして、価格が挙げられます。トナーケースの部分を再利用し、詰め替える方式をとっているため、非常に安い価格で提供する事ができます。一般的に、純正トナーよりも2〜3割安い価格となっています。場合よっては半額を切る価格の場合もあり、大量に印刷をする場合などには、リサイクルトナーを是非考えるべきでしょう。 また、リサイクルトナーの品質も非常に向上しています。以前までは、印刷にムラが出るなどのトラブルが多かったのですが、現在では厳格なチェック体制がある所がほとんどで、純正トナーと変わらない品質が保障されています。また、万一トラブルが起きた際の対応も決まっている所が多く、安心して使用する事が可能です。

注意すべき事

純正に近いクオリティであるリサイクルトナーですが、注意点も存在します。 1つは、最初に関しては純正トナーを買う必要がある事です。純正トナーを使い終えたのちに、そのケースにトナーを詰め替える事が一般的な使い方となります。そのため、『業者に空トナーケースを送り、詰め替えた後に送り返してもらう』という手続きが必要になります。そのため、複数本のトナーを購入し、それをローテーションで使用する形となります。 また、リサイクルの回数にも制限があります。トナーケースもプリンタの一部であり、長い目で見れば消耗品の1つです。適切に使用できる回数には制限がありますので、ある程度使用したら、再び純正品を購入する事を考える必要があります。