リサイクルトナーを購入する際はメーカーに注目しよう

プリンター

トナーの選び方

リサイクル品を選ぶ

リサイクルトナーを選ぶ場合、どうしても価格に目が行きますが、いくら安くても印字品質や消耗度が純正メーカー品に大きく劣っては意味がありません。そのため購入時には、品質管理に問題がないか信頼できる会社かどうかを確認することが必要です。リサイクルトナーの品質基準については、パッケージや本体に付いている認定マークで確認できます。STMCは世界基準、E&Qは日本カートリッジリサイクル工業会が決めた品質管理基準を満たしていることを示す認定マークです。リサイクルトナーメーカーや販売店は、売りっぱなしでなく購入後の初期不良などに対応している会社を選ぶことが大事です。また、インターネット上の評判などを確認して、不具合発生時のサポート体制や対応スピードに問題ないか確認しておきましょう。

リサイクル品とは

リサイクルトナーは、使用済みとなった純正カートリッジを分解洗浄しトナーを新しく充填し直したものです。純正カートリッジを再利用しているため、基本的な品質はメーカー純正品と同等ですが、メーカー純正品に比べ低価格という特徴があります。リサイクルトナーの一番の魅力は、メーカー純正品の定価に対し半分以下の価格で購入できることです。中には10分の1の価格で販売されている製品もあります。純正品が高いのは、プリンタ本体を格安で販売する代わりに消耗品のトナー価格を高めに設定し利益を上げているためです。一方、リサイクルトナーは純粋にトナーのみの価格となり、複数社が競合していることもあり安く販売されています。なお、中古のカートリッジを再利用しているリサイクルトナーは、まれに初期不良が発生する可能性があります。念のため予備のトナーを準備しておくと良いでしょう。

A3対応の機種も安価

目的や機能を考慮したプリンターをレンタルするために、製品の情報について知っておくのはとても有益です。印刷速度や用紙サイズ、モノクロかカラーかなど機種ごとの違いがあります。またプリンターのレンタルサービスが人気の理由としては、最新機種が低コストで利用できることが大きな要因です。

詳細を確認する...

トナーの悲劇

リサイクルトナーは、コストパフォーマンスがよく、環境にも優しいトナーです。純正品よりも印字が薄くなることもあります。しかし、質の高いリサイクルトナーもあります。質の高いリサイクルトナーを提供している業者はネットでも調べることが可能です。

詳細を確認する...

リサイクル式トナーの特徴

リサイクルトナーは純正と比べ、安い価格で購入できるのが大きなメリットです。最近では印刷のクオリティも変わりがありません。しかし、リサイクルできる回数に制限があり、最初は純正トナーを購入する必要があります。

詳細を確認する...